Small World & Role-play Learningスモールワールドプレイとロールプレイ

鎌倉のインターナショナル アフタースクール「Little London(リトルロンドン)」では、Small World Play と Role Play も行っています。

Small World Playスモールワールドプレイ

スモールワールドプレイとは、「おもちゃを使いながら、
日常のさまざまなシチュエーションを再現する遊び」です。
一見、ごっこ遊びと変わりませんが、中身は違います。

For Example(例1)

おもちゃの恐竜と湿地帯を模したジオラマを使って、恐竜時代の物語を作ります。恐竜は卵を産んで新しい友達を探します。子供たちはそれを使って遊び、先生はそこで起こっている事をナレーターのように述べます。

“Oh he laid an egg!”
“Wow, a new dinosaur friend.” ・・・

子供たちは遊びを主導しつつ、教師のナレーションを自然に耳に入れます。これは言語発達に関与して、英語を取得していくのに役立ちます。

Another Example(例2)

キャンプサイトをイメージしてください。まず子供たちはおもちゃのテントを建てて、おもちゃの人々はハイキングに行き、蛇を見つけるかも知れません!

子供たちは遊び、先生は解説者として話します。

“I’m making a tent!”
“Let’s go for a walk!”
“Look! A snake on the ground.”

この方法は子供の英語能力を構築する上で、私たちが大事にしているものの1つです。また、次のような利点もあります。

協力して遊ぶ
事を学べる
話を想像して作る
能力。そしてそれを
伝える能力を
Brush upできる
創造力を高めます
・・英語を勉強する
上で、魅力的で楽しい
方法の1つです
Dinosaur water play Camping play

Role Playロールプレイ

病院でお医者さんになってロールプレイをしたり、学校で先生になってみたり、空港でパイロットになってみたり、動物病院で獣医さんになってみたり・・・。

子供たちが退屈しないよう、1ヶ月に1度くらいのペースで内容を変えます。

子供たちが遊んでいる間に英語能力を鍛える、もう1つの効果的な方法です。以下のような利点もあります。

コミュニケーション
力と、英語の両方を
発達させる
日常を演じることで
身近な事として
理解しやすい
子供たち自身で
掘り下げたり、
実験できる
共同作業を通して、
社会的なスキルも
身に付きます
共感する力を磨きます
異文化について
知って学ぶ
手助けになります
遊びの中に学習を
散りばめる事で
より効果的に
創造力と想像力、
両方を高めます
Shopping Role Play Vet Role Play Space Small World play
料金について リトルロンドントップページ
Copyright © Little London International School. All rights reserved.